24日の産後カフェ@さくらんぼ支援センター

触れてますか?

1月24日金曜日の産後カフェ@さくらんぼ支援センターでは、

このような活動されてる方に来てもらいます。京都市在住のまゆみさん。
子どもが二人いらっしゃいますが、
子どもの病気がきっかけで、
活動されてます。
まゆみさんは、
子どもの発達のために、

スポンジエイジインストラクター取得
キットパスインストラクター取得

全て、自分のお子さまの発達のために取得した資格ばかりです。
まずは、自分の子どものために
それが段々受け入れることにより
同じような悩みを持ってるママの
力になりたいと今は活発に活動されています。
当日はタッチケア☺を通してまゆみさんに
子どもに触れることの大切さを
話してもらおうと思ってます。


 

以下 講師blogより
 
京都で障がいや病気がある子、ない子もタッチケア・ベビーマッサージ・手形足形アートを通して『大人も子供も本気で楽しむ』をテーマにしているまゆみです。
 
私がタッチケアと出会ったのは2年半前になります🙌
 

子どもの病気で受け入れられている自分と、受け入れたくない自分がずっといました。
 
それでも我が子は可愛いドキドキ
この子に何かしてあげたい!!
何か出来る事はないか?
日々検索しながらたどり着いたらのが
国際リドルキッズ協会の
『小児タッチセラピー』でした。
 
理由はなく、何故か『これや!』と、直感で思い資料請求をし、すぐ申し込みしました。
 
受講して『触れる』事の奥深さを知り、楽しさも知り、触れるだけで温かくなる、不安な気持ちが薄れる、何よりお互いの心が満たされる。
こんな気持ちになれるなら、みんなに伝えたいと思いました。
 
私の場合、子どもが病気と知り、悲しみ、絶望、不安、ただただ、闇の中をさまよってる感じで、、、
必死に同じ病気の子とママと繋がりたい!!
誰か私の気持ちを分かってくれる人に話を聞いて欲しい!
そんな思いは膨れ上がってはいくものの、なかなか同じ病気の子と知り合わず、話す場所もなく、気持ちが沈むばかりでした。
 

今はSNSなどで知り合う機会も増えて良かった✨と感じます。
 
でもきっと私みたいに1人で抱えているママはまだいるんじゃないかな??
苦しんでいるママがいるんじゃないかな??
と、思い、タッチケアを伝えながらお話もゆっくり聞けたら良いな✨と、思いタッチケアの活動を少しずつですが始めました😌
 
外に出るのもしんどい方はお家に行かせてもらう事もします☺️
外に出て気分転換しながらお話したいと、言う方はお部屋をご用意します☺️
 
お話をする事によって心が少しでも軽くなるママが増えたらいいな~と思っています
触れてますか?触れることで癒される
一度体験してみてください。
さくらんぼ広場で体験できます。
タッチケア 気になった方は
こちらのリンクより申し込み下さい
aromaスプレーのワークも
同時開催。申し込みは

mama passport Nagaokakyo 【ママパスポート長岡京】

京都府長岡京市・地域密着型子育て情報誌「ママパスポート長岡京」 「ママパスポート長岡京」秋号(2020年10月1日発行) 準備中!