育児のコツ ~子どもの準備をスムーズにすすめる

ママパス長岡京 四コマ漫画からの続きです。
育児のコツについて『あるある…』を
とりあげていきます。

「1番準備できていないのは...」
のオチがあった漫画。



ストーリーの中で、

なかなか準備が進まない我が子に対して、
イライラしてしまい、
「お支度は!?」と
ついつい声を荒げてしまう様子が描かれています。

そして、ふと鏡に映る自分の姿…
そうなんです。


1番準備できていないのは、自分だったのです💦

皆さんもこんなこと思いあたりませんか?


「準備を早くして!」
「もう少しで出るよ!」

といっててもママやパパがまだ準備が出来てない。
その時にかけてる
言葉は、全く通用しません(笑)


では、どうしたら良いのか??


💡ポイント💡

①出発する姿勢を見せること
②『出る=外に行く』認識を定着


詳しく見ていくと、
①出発する姿勢を見せること
先述のとおり、ますはパパやママが出る準備を整えることです!


ここでおススメなのは、

準備している模様を【実況中継】することです🎤🌟


「ママ歯みがきします」
「ママ服を脱ぎます」
「パパ靴下をはきます」など...


そうすることで、【準備している様子】を
見られていなくても
伝えることができます💡



また、

・子どもがゲーム感覚で支度を始める。
・動作と言葉が同時に分かるので
『発語』を促せる。

という相乗効果も期待できます🌟
そして、

②『出る=外に行く』認識を定着


「もう出るよ」「あと少しで出るよ」と言ったにも関わらず、
【すぐ外に出なかった】という経験はありませんか?
この経験は、
子どもにとって、
パパやママの「もう出るよ」や「あと少しで出るよ」という言葉は、

【まだ外には出ない】という認識に変わってしまいます。

ここでおススメなのは、

【具体的な時間】を伝えることです🌟
「時計の針が8になったら出ます」
「ママが靴下を履いたら出ます」
「パパがトイレから出てきたら出ます」など...

そして【必ず】言ったことを守ることです❕❕

2つのポイントをお伝えしましたが、
1番大切なことがあります💡
【お子様が支度をできたとき】
【時間通りに出られたとき】

その時は、めーーーーいっぱい♡褒める♡ことで忘れずに...🌟

mama passport Nagaokakyo 【ママパスポート長岡京】

京都府長岡京市・地域密着型子育て情報誌「ママパスポート長岡京」 「ママパスポート長岡京」(2022年7.8.9月発行中) FMおとくに リヴ★ラジ(金曜12時~) 第3金曜日 13時前後ママパスプラス出演中